選ばれ成功するコンテンツマーケティングのポイント

小売やサービス業でも売上や信頼や安心のランキングを上げるためにコンテンツの戦略が必要になります。


小売やサービス業でも売上や信頼や安心のランキングを上げるためにコンテンツの戦略が必要になります。

コンテンツとは本来、中身、内容、趣旨という意味の英単語らしいですが、多くはテレビ、インターネットなどで伝達される「情報の内容」です。

最近はブログをつかうケースが多いです。


今日のポイント

  • コンテンツマーケティングはあなたのことを伝える手段。商品やサービスの選ばれる理由を明確にしましょう。

では、どんなコンテンツを発信すればよいのかとなります。商品でセールスをしたいのですから商品につながるコンテンツです。

では、誰に対してのをシッカリ決めないといけません。


あなたの商品には他の商品にない良い点があるはずです。それを「いいな」「欲しいな」と感じる人に目がけて発信する訳です。


だからうちの商品はこんな悩みを解決できます。をシッカリ伝えなければなりません。

外から見ると同じ悩みでも、実はいろいろな方向でいろいろな段階があります。


車を選んでも家族で話せば好みは違います。ゆったり乗りたい。燃費のいいもの。スポーティな感じがいい。車高が高くどこでも行けそうなもの。大きさ、色、etc。


すべてを満足することなど無理なのがわかるとおもいます。多くの商品の中であなたの商品を選ぶ理由を伝え納得してもらうのが重要です。いい加減な説明では「その他と変わらない」に分類され選ばれない訳です。


コンテンツマーケティングの間違い

既にいくつかのコンテンツマーケティングとして発信しているものをあなたは目にしていますね。しかしブログ系を中心に行っているもので「これでいいのか?」と思わされるものを見かけます。


あなたの仕事や商品にあまり関係ない内容を発信している。

小売やサービス業なのに、テレビで見かけるお笑い番組みたいな「おもしろいだけ」の内容などです。確かに「楽しい」「笑える」「びっくりした」は見る側を無条件で惹きつけます。


でも集客が目的なのはわかりますが、あなたの商品やサービスに結びつかない内容で呼び込んだお客さんが果たして商品を買ってくれるのでしょうか?


おそらく買いません。


あなたのランキングも同じままです。話題性は大切ですが目的につながる行動をとらないとヤミクモになります。



TwitterやFacebookのソーシャルメディア(SNS)で集客すると流行った時代でもありましたが、今でもなお、情報発信すれば何かが起きる的な信者も見かけます。これらの方法もマーケティングですから「商品やサービスが売れる仕組み」にしなければタダの趣味になってしまいます。


ある程度の規模の戦略であれば既存のターゲットや商品に対して新たに方向性を出したりする考えでも使うのもありです。ですがこのサイトに立ち寄る方はそれとは違っています。


では、小さな会社さんやお店ではどの様に使うのでしょうか?面白話題はメルマガの冒頭で少し披露してその他は先に説明の「間違い」に注意してあなたの目指す場所に向う様にコンテンツマーケティングをつかってください。


まとめ

小売やサービス業など小さな会社やお店のコンテンツマーケティングはお客さんにする為の集客とその人達への教育がポイントです。これをシッカリする為にはお客さんの絞り込みが最初のスタートになります。これができればあなたのランキングはドンドンあがり売れ続けるのです。