検索キーワード対策がSEOで重要である理由

最終更新: 2018年4月6日


検索や表示でお客さんに良質な情報を提供する事でGoogleに受け入れられる。これがSEOの仕組みにあるからなのは、お分かりになったと思います。

SEO 対策 重要

SEOが調べるものはホームページ・コンテンツに含まれるキーワードだという事も既に理解できました。


では、検索されるキーワードはどの様に選び、使って行けばいいのでしょうか?


今日のポイント


  • キーワード 選び方と重要性を知る

  • キーワード を選びお客さんに評価される使い方


SEOで外せない重要な事の一つに検索キーワードの選び方があります。

マーケティングで行うならホームページ集客は基本になります。そこであなたのホームペー

ジの内容を評価してもらう為にコンテンツの意味を知らせるキーワードを選び入れ込み表示します。


検索キーワードの選び方?

SEOの仕組みを知ったあなたはもうお分かりですね。検索した表示結果の上位に来るキーワ

ードと同じものを、あなたがコンテンツの中で説明したい内容に盛り込めば、上位表示でき

る可能性が生まれます。これこそが検索キーワードの選び方になります。


キーワード プランナーというものがあります。あなたがコンテンツで説明したいキーワー

ドを入れた月間検索数を確認して、多い検索回数になっているものを採用する訳です。です

ので、ユーザー が検索してくれそうなキーワード や自社のアピールしたい内容をシンプル

に盛り込める、キーワード を考えます。


検索キーワード 選びはなぜ重要なのか?現実の顧客ニーズを探り評価されるものにするためです。


表示させるキーワードの選び方を間違えると、ユーザーに探しだしてもらえず見られる事は

ありません。それが誰もが欲しがる素敵な商品であってもです。そんなものが存在する事を

知らない訳ですから仕方ありません。こうならない為にもキーワード選びは大切です。


例えば「SEO」と「SEO+コンテンツ」を検索する場合では、「SEO」だけの人はSEOの意味を知りたい人も、使い方、考え方、金額など知りたい人が対象です。しかしコンテンツが入ってSEOを検索する人はホームページに関連したSEOを調べている事が想像できます。あなたの商品が叶えられるキーワードを使いましょう。



主張や表現がブレると検索結果に反映しない

Googleのアルゴリズムがすごいのか?それは類似するキーワードや略語も解釈する様になっているからです。

日本人でも難しい漢字や送り仮名、表現の違いも理解する様ですがやはりGoogleに優しく、理解しやすい様にキーワードは完全に一致するものを使いましょう。


表現がバラバラで発信者側の思いが十分に伝わらないのでは成果につながりません。


たとれば「コーヒーの抽出を速くした高級モデル。起きるのが遅れてもゆっくりとした朝が迎えられ1杯が○○円と格安です」では、高いのか安いのか?速いのか遅いのか?が同時に一文に含まれているのでGoogleにはわかり難いのです。


ホームページでアピールしたい表現がバラバラに両極端にあり、しかもキーワードが2つとも存在しているのはNG。 ウェブサイト 、ホームページなど同じ意味の表記方法で統一すべきです。


コンテンツをつくる際の指標になる

コンテンツをつくってからキーワードを入れ込むには無理がでます。無理やり入れるとなる

と文面の構成をかえないと出来ない場合が発生し無駄がでます。

では、ならどうするかといえば初めからキーワードを決めてからスタートすればいいです。

キーワードで多数検索されているものを調べそれについて書き始めればテーマに困る事もあ

りません。


すぐに効果が出ない場合は、優先順位を決める

キーワードでも成果の出やすいものとそうでないものとが存在します。あなたのアピールし

たいものとターゲットのお客さんとの現実にズレがある場合です。お客さんの立場で発信し

ましょう。


まとめ

SEOはあなたの商品を世界に広げる為の手段です。世の中であなたの発信する情報のキーワ

ードを、お客さんにとって有益だと「お客さん自身」が判断したコンテンツやホームページ

に入れ込んで、同じ悩みを持つ他のお客さんに分かりやすくする方法です。


「自社サービスの特徴をキーワードを利用して表現する」というところを外さずに、お客さん目線でニーズがあるのかなど冷静に判断し、ホームページの軸にしていきましょう。