コンテンツマーケティングを成功させる5つのチェックポイント

更新日:2018年6月28日

見込み客の知識となる情報を提供することで、信頼関係を生み商品を通じてより良い関係を維持しつつ、お客さんの問題を解決する関係性をコンテンツで提供するコンテンツマーケティング。


コンテンツマーケティングを成功させる5つのチェックポイント

今日のポイント

  • いうなれば繋げる集客マーケティングで動画やブログを利用したものもあります


それではどうすれば成功するのでしょうか?

コンテンツマーケティングのポイントをお話しします。


ターゲットはだれ?

具体化の方法で自分が商品を購入することを思い浮かべてみてください。当たり前ですが欲しいと思って買いますよね。でも色々な人が一応に欲しいと思うものをあなたの力で提供できるでしょうか?そして提供した全ての方に満足してもらえる商品でしょうか?私は難しいと思います。だから提供する人物を想定し商品が売れるにつなげます。


欲しいものは?

そのターゲットが欲しいもの、悩んでいるもの、問題と思っているもの、達成したいものを想定します。


お客さんへの伝え方

お客さんがこれは改善してくれそうだと思ってくれれば購入につながります。ですが、間違いなく悩みを解決するのに購入されないことが起こります。なぜでしょうか?答えはお客さんが欲しいものが必ずしも正解でないからです。そしてそれを教えてゆく段階が必要になり想いと商品を繋げる行動が必要です。


メディアとアプローチ

どんな方法でどう促すのか? 動画? PDF? ダイレクトメール? LINE?どれなのか?

アプローチはどうするか? 電話問合せ? FAX問合せ? 無料プレゼントに申し込んでほしいのか? 購入してほしのか? メルマガ登録してほしいのか? などです。


モニタリング

客観的判断するためには、数字として捕らえる必要があります。アクセス数、購入人数、販売金額、登録数など良し悪し基準をつかみます。



マーケティングの中心になる集客はコンテンツマーケティング

現在、小規模ビジネスから大企業まで取り組まれているマーケティングの手法です。


こちらから情報をターゲットに向けて発信する「プッシュ型」マーケティングとは違い

「プル型」のマーケティング手法です。


「プッシュ型」マーケティングは見込客の知りたいことを、情報として発信し、信頼関係を構築して、販売につなげていく方法です。


インバウンドマーケティング、ブログマーケティング、動画マーケティングも同類に分類されます。


従来型の広告とコンテンツマーケティングの違い

従来型の広告は、会社やお店の方から広告を打ち、関心のある層に対して販売を増やしていくものです。不特定多数の人を対象とするので、費用は比較的かかります。TVや雑誌、新聞などに広告を打つと高額な広告費が必要になります。


集客するコンテンツマーケティングとは

お客さん像を明確にして、欲しがっている情報を提供することで、見つけてもらい、信頼関係を構築し、販売につなげていくマーケティング手法です。主に、WEBを使ったマーケティングが主流となります。


まとめ

プッシュ型のマーケティングは、既に商品を欲しいと思う人や、シッカリ具体的に意識できていない状態であっても、イメージが既にある人に訴えて、お客さんにする販売方法です。


ですが、プル型のコンテンツマーケティングは現段階では明確に商品を欲しいと認識できていない人を対象に情報発信します。


あ客さんが抱える問題や悩みを解決できるのは、あなたであり、この商品だと、実績や知識や経験をコンテンツとしてお客さん予備軍に渡し育てる過程を段階として踏んでゆきます。


お客さんの悩みや痛みからあなたの存在とあなたの商品を繫げることで集客や売上げに貢献するのです。