ホームページPDCA PLANが大事 成功する為の法則

更新日:2018年4月25日

PDCAサイクルとは「計画、行動、チェック、アクション」の各項目を回し効率的に行う事によって目標を達成する為の手法です。ホームページを会社に依頼するならプランを明確にしましょう!


PDCA PLANが大事 成功する為の法則

PDCAサイクルの肝は勝てる意味あるPLAN(計画)をつくれるか?です。おさらいとして各項目を示します。

2章にわたり説明しています。PDCAサイクルのPLAN後の説明と例題は以下の章を確認ください。


今日のポイント

  • PDCAのスタートはプラン、まわせるための設定をする。

Plan(計画)

 原因を解決する為の優先的なテーマを出して計画を作成します。

Do(実行)

 計画に見合う行動をします。

Check(評価)

 実行した結果が計画通りに進んでいるか確認します。

Action(改善)

 評価でうまく行っていない部分の理由を調べて行動か計画を改善します。



なぜ、PLAN(計画)の部分が大切かというと、案を出す自由度が広くて、ある意味自由で回しやすいからです。


ちょっと過激な例ですが、ダイエットに対するPLANは「食べない」「運動する」「食事を減らし運動する」など、どれでもいい訳です。

まさか「食べない」を選択する人はいないと思いますが…


その他では、無意識に判断して積み重ねる結果を制御する難しさです。意識なく判断しているので、数値や条件や環境などの見える化がし難く分析しきれません。


では、PLAN段階で何が一番大事かというと、目標までの階段をつくり一段ごとに「どうするか?」決める事です。


仮に、あなたが会社のホームページをつくるとします。一流の行列ができる会社と同じ道具、素材、方法を仮に知ってもすぐに同じものができ上がはしません。でも、弟子入りして段階的に時間をかければできる可能性は数段上がりますよね。


多くのホームページ制作会社は「できるサイト」が作れなかったりします。なぜかというと、マーケティングの本質を知らずに作っているからです。



実際の方法では3つのステップに分解します。

  1. “予想・分解”予想して目標までの段階を細かくリストアップする

  2. “障害対策”リストアップした各項目についての障害と対策を考える

  3. “選択”成果が最も出やすいものを選ぶ

では、それぞれの説明で意味も考えていきましょう。



いい予想・分解は「量を出す」!

PDCAを行う場合で目標には初めてチヤレンジすることが多いです。ですから目標までに何をやればいいか知らない事が多い訳です。だから予想や予測が必要です。


でも、難しいのですこれが…なので、予想と分解のコツを教えます。目標達成に必要な「予想」「分解」を10個以上「うなってでも」出す事です。


初めての事に何が起こるか、何が必要かを想像しろと言ってもせいぜい5つぐらいしか思いつきませんよね。だから思いつかない事が起こり失敗します。


だから、とにかく10個以上リストアップして見落としを減らし準備できる体制をつくります。


では、この2つが予測するのにやり易いと思います。


時系列で予想する

その目標を達成するまでの手順や段階を10個以上書き出します。


失敗や成功の理由を考える

目標達成の成功や失敗を左右する要因を10個以上書き出します。

以前も説明しましたがこの様に多くのアイディアを書き出す際は「いきなりパソコンの前に座り開始」は私はダメです。で、どうするかというと、机やカベなど記入できる平面な場所に、「付せん、ポストイット」をペタペタ必要枚数貼ります。そこに記入して行くのです。複数人でも回してできますし時間が許す限りいつでも開始終了できます。結構できますよ。


障害対策を考える

予想・分解でリストアップしたそれぞれに「それを克服する」「成功させるために必要なこと」は何かを書き出します。

「目標」と「障害」を対比して考える事で目標達成率が高くなる事を利用します。

これは心理学者のガブリエル・エッティンゲンが提唱しているメンタルコンストラクティングという方法です。

「夢を見たり単なるイメージをするだけでは、願いがかないにくくなる」ことを初めて証明した人です。

対策できそうだな思えるものだけに障害と対策を書いていってみます。最初にリストアップしたものが既に「障害そのもの」である場合は、対応策だけを書いてください。


選択するステップ

では、「選択」に入ります。成果が最も出やすいものを選び計画の柱とします。全部はできません。集中する為に1〜2つにします。80:20の法則にもある様にそれでも多くが改善できます。


(1)本来の大きな目的から判断する。

個人的な事や生活に関係する事などは「生きがい」「人間関係」「家庭」「お金」などが奥底の目的にあります。仕事でいえば、「売上」「利益」や「顧客満足度」などです。自分の決めた内容が本末転倒にならないよう、奥底の目標に繋がるか確認します。仮に仕事の目的が「金儲け」でも手段が「盗んで」ではダメですよね。

(2)ボトルネックを選ぶ

物事の最大のウイークポイントをボトルネックといいます。全体に関係する事はなんなのか?です。その部分がわかればスッと進みますよね。


3つのステップのまとめ

この3つで目標達成は確実に向上します。大切な点は、細かくやるべきこと出して、発生しうる障害や問題をすべて考える事です。ここまでPlan(計画)の大切さを説明してきました。出し方のヒントも入れ込みましたので利用してあなたなりのPDCAを回してください。うまく行かずにやめてしまっては意味がありませんので。会社のホームページをつくる場合でも業者まかせにせず考えましょう!

PDCAサイクルのPLAN後の説明と例題は以下の章にて説明しています。