注意!ブログの原則。間違いの説明と対策!

このブログを読んでいるのですからマーケティングを気にしていると思います。集客や売り上げを意識しないのであれば、これから説明する内容は役にたたないと思います。ブログにはいろいろな種類がありますから。


ブログの原則 間違いの説明と対策

今日のポイント

  • 情報発信は誰に何をするのか?それぞれに合った方法が相手を満足させあなたも安心です。

意見統一できたのでスタートします。


私のサイトに集まるひと。その多くに対してブログを行う理由は、簡単に言うと「集客しあなたの事を知ってもらうため」となります。

そう肝にすえて再度、自分のブログを読み返してみてください。


どうでしょうか? ブログをやる理由とブレていませんか? よく、趣味やら食べ物やらで感想文的に「よかったです」で終わるものを見かけます。

メルマガなどで、文章の導入部としてキャッチに引用して、本当に伝えたい話に落とし込むならわかります。基本はあなたの商品につながるかです。あれっと思ったら変更ください。


ブログの目的に多くの人に見てもらうがあります。
  • それも、お客さんに探してもらう訳です。その為に検索で上位に出る為のSEO対策を考える必要が起きます。キーワードが適切か? サイトのエンジンが内容を理解できるか? この2点は比較的簡単に解決できます。

  • 内容の理解できる で考えると先ほどの食べ物や趣味がよくないのがわかると思います。そのキーワードがサイトを運営する人の伝えたい内容だと解析されてセットになるために、内容やサイトの方向性がわかりにくくなるためです。

  • サイトと一見関係のない内容であったとしてもサイトをつくるあなたの伝えたいことに結びつく内容なら良い訳です。例えばサービス業を営むかたが「食事にいって店の対応が完璧で自分の接客の方法をかえました」のように表現するならいいということです。

  • その為にも文字数も500文字以上がよいとされており、1,000文字以上を意識してまとめる人も多いです。参考にしてください。

  • 文字数カウントスタート⇒

  • どうしても1,000文字を超える文章が書きたいなら、説明したい内容を分解してそれぞれの章にして書く方法をお勧めします。1つの章を500文字にまとめれば、3つの章で1,500になります。それなら出来そうな気になりませんか?

  • 上の「どうしても」から「なりませんか?」まででピッタリ100文字です。500文字はさほどの量ではありませんね。

  • SEOとは?

  • SEO(Search Engine Optimization)は、検索エンジン最適化です。検索結果でWebサイトが検索した際に上位に表示されて、より多く検索者に見てもらえるように行う一連の取り組みと思われがちです。今でも上位に表示される為だけにキーワードをいれるなどして操作するようなサイトもあります。ポイントは検索などでサイトに集まるひとに向け、有益で質のいい情報を発信するとこです。これを続けていれば結果的に多くのひとに認められてGoogleにも認められます。

  • GoogleのSEOでおさえるポイントは3つです

  • Googleにわかりやすい内容にする

  • 検索キーワードを吟味する

  • 外部リンクなどで価値あるとこを教える

いちばん最初の「Googleにわかりやすい内容にする」は重要です。
つい私たちは自分と同じ人間のお客さんや同僚・仲間など「検索してくれるひと」がわかりやすつくってしまいがちです。ですがGoogleがクロールするのは人間ではありません。動画や画像で一見ひとにはわかりやすい内容でもGoogleにはわからないものではダメだと言うことです。

ひとに情報発信して「知ってもらいたい」「わかってもらいたい」は至極まっとうです。内容が魅力的であればサイトに集まる「読者」が評価してくれ本人だけでなく他にもシェアしてくれるかも知れません。
ここで忘れてはいけないのは同時にGoogleにも評価されているということです。
  • Googleに評価されれば検索時に上位に表示され一層みてくれる可能性が上がります。あなたが望むことが叶います。

  • 注意点は?

  • ヘッドライン(見出し)に適切なキーワードを入れる

  • テキスト以外の画像には代替テキストをつける

  • イラストや絵の他に文字で内容をシッカリ伝える

  • アンカーテキストを配置する

アンカーテキストとは?サイト内でリンクする先の内容に共通するキーワードを更に説明するように組み立てリンクする方法。サイト内容を切り出して別に詳しく説明する作り方でサイトの内容を正確に詳しく伝えます。Googleも同じ考えで知識があり良質だとサイトを評価します。GoogleのSEOではアンカーテキストに目標とするキーワードを入れ込むことはSEO対策で重要視されます。(わたしのサイトはいまこれが出来ていません)まとめホームページやグログなどで伝えるべきは あなたのおもい です。その内容をシッカリ文字テキストにして表現しましょう。伝えたいひとが、いま何に興味があるのか?にアンテナをはりそれに答える情報を発信しましょう!なお、この文の文字数は全部で2000文字ほどです。