将来はより変化し今の継承では厳しい。準備、対応の簡単ポイント

ホームページや情報サイトで注目されている人口知能を題材に今後を考えましょう。


将来はより変化し今の継承では厳しい。準備、対応の簡単ポイント

AI(人工知能)とは、人間の脳が行っている知的な作業をコンピュータで模倣したソフトウェアやシステム。


今日のポイント

  • 近未来を考え自分の考えと行動を変化させましょう!

具体的には、人間の使う自然言語を理解したり、論理的な推論を行ったり、経験から学習したりするコンピュータプログラムなどで、簡単に人間の要求を叶えたりする可能性のあるシステムのことをいう。


人工知能の応用例としては、専門家の問題解決技法を模倣するエキスパートシステムや、翻訳を自動的に行う機械翻訳システム、画像や音声の意味を理解する画像理解システム、音声理解システムなどがある。


既にAI関連のホームページなどやメディアでご承知とおもいます。


IOT(Internet of Things)あらゆる物がインターネットを通じてつながることによって実現する新たなサービス、ビジネスモデル、またはそれを可能とする要素技術の総称。


従来のパソコン、サーバー、携帯電話、スマートホンのほか、ICタグ、ユビキタス、組み込みシステム、各種センサーや送受信装置などが相互に情報をやりとりできるようになり、新たなネットワーク社会が実現すると期待されている。物のインターネット。インターネットオブシングス。


実はこれ簡単に考えても、わたしを含め多くの人たちを“幸せ”にします。しかし、その一方で全く逆な展開になるかも知れません。


自動車の自動運転は夢のまたゆめたっだですが、ほんの少しのうちに実用化するためのテストが盛んに行われています。人間の労力を掛けずに自動化され安全に運航され使う側はいいのですが、運転手の雇用喪失が発生します。


これからの時代は多くの仕事で人間に代わりAIなどのシステムがとってかわり、生き残る仕事が少なくなるのです。


現状でも企業は10年で100社のうち5〜6社程度しか残らず廃業しているのはご存知でしょう。

経営者の本業は“売れる仕組みをつくる”ことです。マーケティングに早く手を付け仕組みにしましょう。生き残りの唯一の手段でホームページなど情報発信が最低限必要です。


ある程度、業界にいればいろいろな事情や理屈を知っているとおもいます。それらをまとめて一本筋の道にするのが専門家の仕事です。


人工知能の進化

人口知能(AI)ですがいろいろなところで利用されると考えられています。現在は基本的には既存データの集積によるパターン認識の様相ですので、簡単には人の質問に答えるような感じです。しかし昨今では基本的な部分を人間がプログラムするのではなく、基本になるその部分すらAI自身が考えて構築するように進化してきています。


AIの制御系使用

これは電化製品などでの利用に多く、暗くなったらライトをオン、寒くなったら暖房を、暑くなったらエアコンをつける、などです。


AI当初の知能使用

これは起きた現象によりどうするか?を反応する考え。このレベルの人工知能は、推論や探索をおこなったり、大量の知識ベースを蓄えたりしている。


AIに機械的な学習をさせる

試験的も実情報もあるのかもしれませんがサンプリングしたデータをベースに機械自体が判断し法則を割り出したり知識にしたりして自動的に学習するモノを指す。代表的な人口知能には検索エンジンが挙げられる。


ホームページ、ウェブサイト内に使用されているキーワードからそのサイトの特徴を認識し、学習することで、質の低いコンテンツや、有害コンテンツを見分けて表示のランクを下げて、検索エンジン全体が最適化されている。


AIのディープラーニング

ディープラーニングとは、機械が物体の特徴を自力で学習することができる技術のことを指す。


まとめ

AIはこれからの世界を助けます。ですがウカウカしていると「生活環境は良くなったけど仕事がなくなった」になります。お客さん目線で「どうすれば」を実践しているものだけ生き残る時代がきます。