売上方法の集客マーケティング!基本がわかる「お客さんの声」を実行しましょう

売上する方法の意味を考えましょう。実践するのにマーケティングは大変重要な要素になります。多くの場合で売上アップを考える場合、避けて通れないのがお客さんを一層集めたいと考える集客です。


売上方法の集客マーケティング!基本がわかる「お客さんの声」を実行しましょう

では、集客する場合で最近の事例を考え自分の仕事に活かせないか考えてみましょう!


先日の家での一場面にて…


ずいぶん使ってきた電子レンジが動かない!やっぱり買おうか無いと困るしな。


でも、待った。

どれがいいのかな?そんなに機械のこと詳しくないし。そんな時、みなさんどうしますか?


ネットで検索して口コミ見ませんか?購入されてる順位とか満足度順位とか見ませんか?


本日のポイント

  • 売上する方法で意味を考え方法を考えます。リアルでは紙のアンケートが多いですが最近ではWebアンケートもカンタンにできます。アンケートの意味を考えて注意するポイントを知りましょう。

なぜ、そうするのでしょうか? 売上するお客さんは商品を選ぶのに不安があるからです。


自分と知識や環境や思いが同じくらいと思われる一般の人が、ジャッジしているから安心できます。言いかえれば商品の選択基準がわかるからなのです。


更には、そこで出てきた内容をネットで調べ、自分の欲しいものに合致するか確認する訳です。色々な機能があれば「いる」「いらない」は自分の好みですので、既に買った投稿者に必要かどうか確認しますよね。


実はみなさんマーケティングを実践している訳です。


そう考えると、あなたは自分の提供する商品でこれらと同じことを実践しているでしょうか?

あなたが消費者として商品を買う時に実践している、「これを買っていいのかな?」「他のものがいいかもしれない?」の不安解決法は、そのままあなたの商品を買おうと思っている人の精神状態と同じです。


「自分ならどうするかな」で考えたことは他にも使えます。あなたの商品を買った人の声を集めて、これから買おうと悩んでいる方の障壁を取り払ってあげましょう。この裏付けはご自身の経験で既にわかると思います。


一般的なアンケートの方法

アンケートの意味は「お客さんの意見を聞いてあ客さんに満足してもらう」だと思います。

あなたも仕事をして行く中でアンケートを実施したことがあると思います。わたしもいろいろ行いましたがやり方で随分と方法で結果が異なると感じています。


以下の内容がわかると整理ができ広義のアンケートでの一般的な方法や内容をお知らせします。


個人情報をなしにする

やはり、自分の存在を明確にする場合は回収率が落ちます。最近は個人情報の保護も定着してきましたので仕方ありません。しかし、アンケートの次にこれをやるといった目的があるのでしたら連絡先がないのでは意味がなくなります。


答えてもらう内容を多くしない

何件から多いのかの議論は別にして少ない項目数に答える方が回答者はカンタンにかんじますので回答してくれる可能性はあがります。問題の項目数は最小限にした方が正解です。


答える方法を寛容にする

記述方法なら答える人の詳しいことがわかり本当はいいのかも知れません。しかし、文字を書くのは面倒くさいです。だから普通なら回収率は落ちます。ほかにも、字が汚いから、時間がないので、書き表すのが大変、などが原因としてあがります。それでも答えて欲しいのであれば、「なぜアンケートしているのか?」を正確に伝え記入者がわかるようにしないといけません。そして、このアンケートがどれだけ意義がある行動なのか?を発信しましょう。


いくつかの回答に対し記入者の気持ちがもっとも近いものを選ぶといった選択式ならカンタンです。


まとめ

よくある内容では、購入に至るまでの気持ち、実際に購入してどうだったか?などでしょうか?


ほかにも間違いなく聞きたい内容としては?

あなたの商品・サービスが現状の問題点をどのように解決できたのか?


どんな幸せが現在得られているのか?を問うことです。

アンケートの意味はいろいろありますのであなた自身は「なんために」実施したのか再度意味を考え間違いなく実施ください。