ホームページ制作にも共通するブランディングの3つの法則 

マーケティング戦略の一つ。他の同一品と区別する考えのブランドを育てつくることです。ホームページ制作の段階でも意識します。

ホームページ制作にも共通するブランディングの3つの法則 

衣料品や宝飾品などのブランドを考えれば分かりますが、お客さんは自分の気に入ったブランドがあると、それをステータスの様に扱い自分らしさと重ねる。基本的に共感や信頼によるところが多いです。


今日のポイント

  • ブランドの意味を考えて、あなた自身の仕事や商品に落とし込めるかを考える


一般的に高級な消費財のイメージが色濃いですね。ホームページ制作では宝飾品や化粧品などイメージ戦略が目をひきます。


実は、商品やサービス、それらを供給する企業や団体のほか、私の住む新潟でも史跡・地域 ・祭事、人物・建築物など、あらゆるものにあります。ブランディングは一度つくれば終わりでないです。


トレンドと時代の背景でお客さんのニーズに変化が生まれより育ちます。その中には競合や別の商品に刺激されるものも多いです。ただブランドはイメージ要素が先行しますので、その部分がガラリと変化してはいけません。


お客さんのイメージがどうなのか?が重要で壊れてしまわないように、提供する会社は注意深く計画して維持する必要があります。この部分はホームページ制作などでは特に注意が必要です。


お客さんは色々な場所で色々な方法でブランドを見ます。

「いいな」を感じ、店に行き手にすることで「より感情を入れ込み」自分で使うことで「良さを体感し他の人へのアピールでも満足」する3つの変化の法則が起こります。こうした実感が伴うと更に気になり情報を収集しよりブランドが好きになります。


ブランドにはマークがありますよね。ブランドネームやロゴです。


これも差別化し自分以外への発信と自分の認知になる訳です。企業や会社組織では会社のロゴマークです。むろん名刺やホームページの制作段階でも新たにデザインしたりしてブランド化します。


ブランド品のは目がなくて買ってしまう人も多いです。品質などを気にせず買う訳ですから価格競争の中からも抜け出れますね。強烈なファンを増やす為にブランディングを意識してください。


会社のブランドは、人の評判に似ている。難題に必死に取り組むことで得るものなのだ。ジェフ・ベソス

ブランド戦略

商品自体に使用者や製造者の気持ちがつぎ込まれたもので、より広く強いアピールをするように仕組まれたものでしょうか。


いったんその商品の信者になると、より多く、より広く、自分自身がファンであることを望み知らしめようという心理が強くなる。ある意味そうすることで自分自身の確固たる立ち位置を誇示する感覚を持ちそれに没頭する感覚が芽生える。中毒的な意味合いにも似ているようにも見えるケースがある。


まとめ

あなたの仕事でブランドをつくれれば強力なお客さんとなり、ブランドを育成してくれる対象者となり得る。