ホームページコンテンツマーケティング重要な部分を理解する

コンテンツとは、中身、内容、趣旨という意味の英単語であるが、多くはテレビ、インタ

ーネットなどで伝達される「情報の内容」という意味で使われています。


重要な部分を理解

ブログなどを集客に利用しインターネットでサーチしたお客さんに見つけてもらい集客し

売り上げに結びつける方法のコンテンツマーケティング。

今日のポイント

  • コンテンツマーケティングののポイントは?重要な部分を理解する


あなたのコンテンツは、更新がままならなかったり、世の中の進化が進むにつれ時代遅れ

になったりしていませんか?

開始当初の意気込みや願いを継続できているでしょうか?


単に情報を発信するだけでなく、誰に 何を どの様に の要素は伝える為に必要になってきます。

そこで重要なのはあなたの商品やサービスを買ってもらいたい人物像はどんな人ですか

?がいる訳です。


ところが戦後日本において、新時代の生活 必需品として宣伝された3種類の耐久消費材である。電化製品の三種の神器(コンテンツは白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫)のころは皆が同一意識で個人のプライベートな情報にあまり左右されない現状があった訳です。


それから時間が経ち個人こじんに独自性が出て「二十歳の女性はこれが好き」などと言えなくなってきました。要は属性や用語などで大別できなくなってきているのです。


同じ国・地方・性別・年代でも個人個人が欲しいものが同じにならない時代ですので

、コンテンツポイントで絞り込むことが難しいくなってきました。


しかし、それができれば お客さんの悩みを解決できる ものにピッタリと合わす事ができます。それぞれのお客さんの「こうなりたい」に近づく商品を提供できます。そして「幸せ~」と感じるポイントに近づくことになります。


この考えをgoogleなどが利用し仕組みにしたのがSEOです。


コンテンツマーケティングとは

コンテンツ(英: media content)とは、「中身」のこと。英語の関連語彙としては、コ

ンテナ(wiktionary:container)の中身がコンテントcontentである。

デジタル‐、映像‐、商業‐、素人‐、などといった複合語がある。いわゆる「メディア

」の中身の、文字列・音・動画などのことで、それらの内容である著作物を指すことも多

い。英語では普通はcontentと単数形で書く。本項目の英語版もContentである。英語で

contentsとして複数形で書くと、普通は「目次」の意味になる。この場合は、Table of

contents(内容の表)の略である。Wikipediaより


これをマーケティングの「売れる仕組」にすることです。ブログを活用して行うケースが

あります。


ブログの選び方

サーバーとドメインをレンタルして使うブログサービスの無料ブログとサーバーとドメイ

ンを自分で取得して使うブログサービスの有料ブログがあります。


ここで悩むのは「どっち選べばいいの?」です。


無料ブログは?

サービス側のサーバーでレンタルドメインを使用しています。要は契約先の資産を借りているのです。メリットは簡単に使えることです。

アメブロ、FC2、seesaa、ライブドア、はてなブログ、楽天ブログ、エキサイトブログな

どが有名です。


有料ブログとは?

自分でサーバーを契約し、独自ドメインを取得した自分所有のサイトの

ことです。サーバーレンタルと独自ドメイン費用がかかります。

では、それぞれのメリットはなにか?


無料ブログのメリットは?


  • 当りまえだが無料

  • 多くのコミュニティがあり集客できる

  • 検索エンジンに見つけてもらいやすい


無料ブログのデメリットは?

  • サービス停止がある

  • 資産にならない

  • 勝手なブログ削除がある

  • デザインの制限がある

  • 広告が勝手に入る


以上を頭に入れて利用をします。

はじめは無料でやってもいいですが、コンテンツが溜ると有料に移行するのが面倒になります。わたし個人は、スタート時から有料で開始しました。

コンテンツが「消されたり」「無くなった」場合にガマンや辛抱できる自信が、わたしには

なかった為です。


まとめ

インターネット世界のGoogle検索エンジンに評価されやすく手軽でSNSとの連携が容易な

為にローコストで拡散性があります。加えてあなたの商品やサービスの良さをアピールす

るのに最適な点は納得できますね。