ヘッドライン キャッチコピーで成約アップ 質問をする

チラシのコツで質問の形で問うと相手の思考を一部分閉鎖的にできます。

一般的に良い印象を与えると思う場合はそうでもないですが、悪い印象を与えると本人が意識した場合は無意識も含め自分を防御する部分が出て“悪く思われないように”の意識が先行します。

ヘッドライン キャッチコピーで成約アップ 質問をする

今日のポイント

  • 質問されると答えたくなるのが人間。その現象自体が興味をもちだすキッカケです

「なぜ」から始まる質問は、言葉の意味通り反応しない一番典型的な質問です。


言葉の意味は単純に理由や原因を尋ねています。「なぜ、なになにしたのか?」と質問すると、とがめられている意識が先走り「責められないように」「叱られないように」の考えが頭を支配してしまいます。


逆に言うと、これだけ人に影響を及ぼす訳ですから、色々な場面で使えるテクニック・コツです。


お客さんに考えさせることで相手の意識を内向きにし、知りたいとう潜在欲求を喚起します。それはつまり文章の中に引き込まれてしまうということです。


文章にもよりますが「どうやって」を入れるのもいいかも知れません。

人がへの対面した質問は「なぜ(why)?」ではなく「何(what)?」を使うといいです。


例えば、営業の時に何が君にそうさせたのかを教えてほしい。やらなかった理由には何があるの?といった質問の投げかけ方をしたほうが、やわらかい感じがするためで、部下は精神的に安定します。


これをなぜにすると、なぜ、営業に失敗した? ⇒ 失敗した理由はなんだと思う?できない理由は何だ? ⇒ おもな障害はなんだと思う?とキツクなります。


チラシなどでは、

  • どうして、運動している人は若々しいのでしょうか?

  • 万年平社員がなぜ年収1億円になったのか?

  • できる社長はこれが違う!ご存知でしょうか?

ライティングの意味

ことブログを書き起こす人は自分の知識などを開示しながら、それを読む人に理解して共感してもらいたいと思っています。


同じことを表現するにも「伝え方」の方法は数多く受け手もその伝え方で理解や感動などが格段にかわってくることは推測の通りです。


コンテンツを多くしてより多くの人達に影響を与えるのに有効と考えられているのはブログです。なぜそうなのか?と言えばシンプルにはブログ構造がコンテンツを増やしやすく、なおかつテリトリーや分類分けでが容易で整理しやすいこと。


表現の方法が文書になるためにGoogleのクロールといわれる機能にマッチしやすくSEOのルールにヒットしやすいからです。


サイトを検索する人達が自分の好みのキーワードで見つけ入ってきます。

あなたが伝えたい中枢の内容に特化したキーワードやコンテンツ内容であれば、あなたのサイト内を更に興味をもって探しますね。

結果的に滞在時間が長くなり違う機会でも再度読みたいとブックマークします。


ブログだけを独立して立ち上げるサテライトサイトと呼ばれるつくりかたが存在します。

サテライトサイトのコンテンツを検索で見つけた人が、サテライトサイトに関連付けたサイトに流れるように作成して、多くのファンを獲得する考えです。


まとめ

コンテンツも「誰に」「なぜ」を必要とします。そしてコンテンツ自体にも戦術を入れサイトに仕組みを入れ込む必要があります。それはチラシなどのコツにもつながります。