ヘッドライン キャッチコピーで成約アップ!約束を示すこと

あなたの商品は「痛み」「ストレス」「お金」などの問題や悩みを解決するもののはずです。


ヘッドライン キャッチコピーで成約アップ!約束を示すこと

今日のポイント

  • 優れた見出しは普通の見出しの17倍くらい効果的だとセールスライターで有名なテッドニコラスは言っています!

広告などではストレートに「この商品でこうなりますよ」と言う方法がいいです。

できれば数字も入れてください。こうなります。これくらいで。と・・・


例えば「体重が1カ月で5kg落ちます」とかです。


約束する形でアピールすると実感にかわるのが早いです。それは日本人的なのかも知れませんが安心して受け入れるとこができるから。


ですので、広告での方法は実績が大事ですから数字が必要です。

人間は1番が好きで記憶に残ります。「全世界で一番」なら言うことなしですが、日本一でも県内一でも、地域や種類、分類などで区切れば一番があるのかも知れません。


徐々に大きい範囲の一番になればいいです。約束が嘘くさくならない注意は必要で、あまりにも大きな約束は避けます。


本当のことならいいのですが、不審をもたれたらその後にどんなフォローをしても、無駄になります。


約束とは、他者に対して現在あるいは未来の事について先に宣言し、実行を保証する ことだそうです。


守られる前提ですので守れない場合はダメージが大きいです。くれぐれも真摯な表現にしましょう。こんな感じです。

  • 最高のオファーをあなたに。3カ月で不安をなくします。

  • ご利用一か月間の返金を受け付けます。

  • あなたの肌が見違えます。1カ月の時間をください。

  • 私に 5 日間ください。あなたをモテモテの魅力的な人に変えてみせます・・・それを無料で証明させてください

  • コンピュータプログラミングのよい職に就けるよう、ご自宅で指導します

  • 7 日間でギターが弾けなければ、代金はお返しします

商品がお客さんに約束することを、ヘッドラインでうたうパターンです。

見込み客が求めていることを具体的に示しましょう。約束できることが大きければ大きい程、疑わしくなります。


ですので、それに見合うだけの証拠を提示することがポイントです。ヘッドライン付近に早々に証拠の要素を盛り込みましょう。


広告ヘッドラインの方法として、あなたが伝えたいことを読んでもらうために活用します。


要は内容を見てもらうために引き付けるのです。その為に大事なことは強烈にインパクトのあるものでなければなりません。


そう考えると、出来るだけ多くの人を引き付けたいと考えがちですが、実際にはインパクトが弱まってしまします。強いインパクトを与えるためには実は一部の人が反応するキーワードが必要です。マニアックになり対象以外の人は「関係ない」印象になりますが。


私たちは自分が売り手側になったとたんに、より多くのお客さんが欲しいと考えてしまいがちです。しかしそれをやってしまうと強烈なオファーになりません。結果、本来引き寄せることのできたはずの人達も失ってしまいます。


危機感は人間が持って生まれた感性です

人間は危ないと感じると無条件で回避行動にでます。

危機感の伝わるヘッドラインは引き付ける力も強いのですが、一緒に行動する力も刺激します。使えるようになると効果がでますので訓練しましょう。


よくあるパターンとしては、

  • 失敗しない○○の法則

  • 3ステップのカンタンなやりかた

  • なぜ○○は○○なのか?

  • 成功する7つの方法

まとめ

ヘッドラインのコツは一部の人に届けるイメージでつくる方が結果的に有効です。くれぐれも、よくある、ありきたりな、はやめましょう。そうしないと「ゴミ箱に直行のチラシ」になります。