ネット集客マーケティングで明確にする重要な内容

ネット集客マーケティングというとFacebook、Twitter、Youtube、ブログ、メールマガジンといろいろあります。


ネット集客マーケティングで明確にする重要な内容

今日のポイント

  • ネットを利用する集客マーケティングは方法でなく本質は伝える中身です


こっそり、さっきあげた中でどれが一番効果的かお教えします。


答え)わかりません。


残念ながら。


このまま話が終わると「なに、この人は?」になってしまうので続けます。突飛ですが、あなたは「パン」食べますか?


購入先はいろいろありますよね。近所の自家製パン屋さん、スーパー、デパート、通販もあります。一口にパンといっても、食パン、フランスパン、カレーパン、メロンパン、焼きそばパン、ピザパン、サンドイッチ…といろいろな種類があります。


どれをお客さんが手に取るかには、家の近くだから、安いから、おいしいから、ついでに買えるから、などいろいろの訳がありますよね。

なぜでしょう?それは、それぞれの種類や訳に「いいな」と感じるお客さんがいるからです。


同じ、出身、性別、年齢でも趣味や好みは違います。だから、欲しいものが同じでも人それぞれ、どれを選ぶかはわからないのです。


○○集客でうまく行く的な一つの方法で、うまく行かない理由がそこにあります。

では、どうすればいいでしょうか?


あなたの商品のいいところを明確にして、わかるようにすることです。できるだけ詳しくわかり良くです。そしてこれをアピールします。あなたが決めた商品を買ってくれそうなお客さん目がけて発信するわけです。


その方法がFacebook、Twitter、Youtube、ブログ、メールマガジンなどを利用するのです。まずは、見つけてもらい、共感してもらうための商品の強みを明確にしましょう。


売上げ確保するために

小さな会社やお店も含み多くの経営者は集客を気にします。単純に集客が上がればいいでは危険ですが、どんな会社やお店、一人ビジネスや小さな会社、店舗ビジネスのオーナーにとって例外なく損失客が発生するので重要です。


マーケティング集客は1つの方法で完結しません。なぜかというと「見込み客が今まさにどうしても欲しい商品でないから」です。


本来、商品は購入するのが目的ではありません。商品を手に入れて解決したいことがあるので買うのです。(買うだけが目的かと思う行動をとる人もたまにいますが・・・)


解決したい内容が大きければ大きいほど商品も高額になることも多く商品を選定し決めるには時間をかけることになります。


集客マーケティングを成功させるものは間違っても方法やツールではありません

お客さんが商品を選定して「これを買う」が決まっているのであれば、便利やカンタンの理由で方法やツールで選ばれるかもしれません。


しかし、商品が特異だとか高額だとかで手に入れるのが大変なものである場合では方法やツールはやはり二の次になります。


では、一番優先するのはなんでしょうか?それは「お客さんが欲しくてたまらないもの」なのかです。


まとめ

あなたの商品はどのようにお客さんに貢献できるのでしょうか?他の類似品に比べどこがどのように優れているのでしょうか?あなたの商品は信頼できるものでしょうか?まだ商品を買っていなく迷っている人達に向けて情報を発信して「購入して間違いない」を確信してもらいましょう!