コンテンツマーケティングを成功させるには?

インターネットでの集客で人気のコンテンツマーケティングとは、お客さんが悩み解決したいと考える事柄に対して行います。

コンテンツマーケティングを成功させるには?

SNSなどを利用してヒットしたコンテンツを集めて、発信する事により信頼関係を構築します。問題を解決する事を目的としたマーケティングの考え方だと思っています。


今日のポイント

  • 成功させたいコンテンツマーケティング。でも、どうする!

最近では大手企業も採用してきており効果があることを裏付けています。

これを上手くやるコツは何でしょうか?


正解はお客さんを誰にするか?です。


実はこれが意識できていない事が大変多いです。売り先を絞ればそれだけ売上絶対数が上がる神話を信じています。これが通用したのは戦後の時代やヒット商品になった時など一般のお客さんが一応に欲しがっている時のみです。


なんでもある時代、趣味趣向が色々な人達が出てきました。同じ商品でも大変気に入った人もいれば、「何これ全然ダメだ」と考える人もいるのが現実です。


取引先のお客さん皆を満足させるには、満足してくれそうな人をターゲットにするのがいいと思いませんか?商品に疑問を持ったお客さんが再度購入してくれる確立はどれ位でしょうか?


そしてそのクレームに対応するコストはどれ位でしょうか?それらのリスクを減らしその分を販売に集中して売り上げを伸ばしましょう。


コンテンツマーケティングをスタートするために

一番はじめに決めるのは、あなたが商品・サービスを買ってほしい、お客さんは誰ですか? になります。これが決まらないと集客で見込み客にしたい人が明確になりません。


これを明確に決めるためにペルソナを使います。おおまかな内容としては、名前、性別、住所、年齢、職業、年収(世帯)、会社名、学歴、役職、既(未)婚、家族構成です。


追加で、休日の過ごし方、趣味、よく読む雑誌、SNS利用の状況、好きなこと・嫌いなこと、どんな悩み・問題を抱えているか、興味を持っている分野などを決めていきます。


そのペルソナ像を本当のお客さんに見立てて情報を発信してあなたの商品やサービスが役立つことを伝えます。その言葉や背景がリアルなほどペルソナ像の見込み客が欲しくなるのです。


インターネットのコンテンツマーケティングというと「ブログ」での情報発信をイメージする人が多いかもしれませんが、コンテンツマーケティングで扱うコンテンツには実にさまざまなものがあります。


  • 感情と認知では、プロモーション、記事、ebook

  • 感情と購買では、イベント、商品の感想、推薦者がいる

  • 認知と論理では、プレスリリース、インフォグラフィックス

  • 購買と論理では、オンラインセミナー、導入事例、商品カタログ


インフォグラフィックスは、データの表現手法の一つで近年意識的に活用されるようになってきました。視覚的に情報を提供することが近年のマーケティング手法の主流となっています。


ブログについて

インターネットではブログが大人気です。ブログの最大メリットは「お客さんに伝えるべき内容をコンテンツにして、発信するたびに蓄積しながら構築できること」です。

ひとつのブログにした記事がWebページとしてサイト上に蓄積されていくことから「ストック型」コンテンツと呼ばれます。

コンテンツが日に日に増えサイトが充実し、Googleなどの検索エンジンからの評価もされやすく、安価で更新も自分でできるなどインターネットであるが上のメリットが多いです。


メールマガジンについて

メルマガは既に社会に広く浸透してあなたもいくつか登録していると思います。拡販をするためにイベントや新製品の案内、流行りトレンドやニュースを発信してお客さんにアピールします。それが興味あるものであればあなたのことがもっと知りたいとサイトに誘導できます。


仮にあなたの商品がわかりにくいものであった場合では、お客さんに商品の良さを伝えるのには多くの時間が必要になります。更にはお客さんになる前の見込み客未満の人を集めるのに有効な方法です。


会ったこともないあなたと見込み客未満の人がつながるためには信頼が必要になります。あなたの日常や生活を「ちょっと知らせる」人となりの情報を入れるなど、初対面の人と会う時のリアルな方法や行動をイメージしてメールマガジンの中に入れるとお客さんも心のブロックが取れやすくなります。


あなたの好きなタイミングでメルマガ発信でき、しかも低コストで一斉に大勢の見込み客未満者にアクションできます。あなたの商品やサービスに関心をもつ内容を継続発信して関係をつくり信用してもらい信頼につなげるのです。


まとめ

どんな業種でも、どんな商品でも、集客し新規のお客さんを開拓することを無しにはできません。世界には多くの商品やサービスがあふれています。お客さん自身が自分の悩みを解決できる方法を探る時に、あなたの商品も選択肢の一つになるようにする考えが必要になります。