キャッチコピーは商売の基本!悩みをなくす考え方!

キャッチコピーがいい→読む。読みたくなる。キャッチコピーが悪い→読まない。読みたいと思わない。そうゆうことです。


商売繁盛の基本 セールスレター DM ライティングに最適

これは商売の基本。特に忙しく時間がないならなおさらです。


今日のポイント

  • キャッチコピーの7つの方法を身につけましょう!


以前、大手さんは仕方なくサイトづくりしているのでマネはダメ。と説明をさせてもらいました。同じくキャッチコピーもまねしない方が商売はうまく行きます。


大手さんはイメージやインパクトで記憶に残るものをつくりますし、私たちが表現したいものと真逆ですから。


よくあるケースでサイト作成を専門業者に完全に任せた場合など、商品の理解を促すはずのキャッチコピーが飾りだけの役に立たないものになっているのを見かけます。


キャッチコピーの考え方は、「年商1億円にする為のキャッチコピー」などと、あなたの商品をズバッとアピールします。


「キャッチコピーを少しかえるだけで年商1億円」

お客さんがなに?どうして?と思うようにするのが商売の基本でしょうか?


例えば、

  • 「有名コンサル10名のキャッチコピーテンプレート」など画期的であることを前面に打ち出す。ハウツー型。

  • 悩まないキャッチコピーの書き方。クエスチョン型。

  • キャッチコピーのつくり方を知っているか? キャッチコピーを人任せにするな!など命令して心に響かせる。

  • この講座でキャッチコピーを悩まなくなりました。など、お客さんの声をキャッチコピーにする。


これらを組合せながら実際にモニターして反応を計測してください。


「読まざるを得ない」と思うキャッチコピーとは?

集客のスタートはキャッチコピーです!お客さんが集まる最強キャッチコピーってどうやって書くの?こんなこと思いましたよね?


キャッチコピーを一目見て、「私のことだ!」「いま必要なものだ!」と思ってもらえたらあなたの勝ち!ということになります。

この考えは、チラシでもホームページのタイトルでも、ブログ記事のタイトルでも、そして、店舗に貼るポスターでも、お店の看板でも、ビジネスにおける集客活動の全部に共通するものです。


商売に結び付けるのはまず、興味をもってもらうことが目的となります。では、どうすればいいのでしょうか?


実は押さえる代表的な7つの基本形を公開します。これがあれば、あなたも心に響くコピーが書けますよ。


キャッチコピー基本形 その1

単刀直入に表現する。あなたの商品・サービスを単刀直入にアピールするパターンです。

  • この話題のスマホを1日限りで半額で!

  • 3日ください!継続的に50人あつめる方法を教えます!

  • コピーライターで1年で年収5000万円になれます!

キャッチコピー基本形 その2

好奇心を掻き立てる。ターゲットとなるお客さんがなに?どうして?と思うような好奇心にアプローチします。

  • 1分診断であなたの悩みは一切なくなります

  • ダイエットなしでグングンやせる秘密を教えます!

  • 〇〇と△△なら絶対〇〇!そのワケは?

キャッチコピー基本形 その3

画期的であることを前面に打ち出す。

  • 誰も知らない〇〇整体!

  • 10年をかけて開発7億円の投資。新発想の集客システム

キャッチコピー基本形 その4

ハウツー提供型。

  • 苦労なしで〇〇が叶う方法!

  • 悩み不要のエスカレータ型プログラム

キャッチコピー基本形 その5

クエスチョン型で興味を引く。

  • なぜ、モデルは○○を使うのか?

  • 海と山。一緒にいくならどっち?

キャッチコピー基本形 その6

命令して心に響かせる。

  • プロが推薦!これを選べば間違いなし!

  • 楽に稼ぐならこれ!

キャッチコピー基本形 その7

お客さんの声をキャッチコピーにする。

  • 言われた通りやったら、できちゃいました!

  • テンプレートで今までできなかった集客が3か月で可能に!



あなたのビジネス、商品、サービスの売りは何ですか?


それを、言葉として表現しないとお客さんはわかってくれません。


あなたの伝えたい事をキャッチコピーにして届けましょう。


まとめ

お客さんに伝わることが重要ですからワンフレーズにしなくて良いです。きちんと伝わる長さでいいです。キャッチコピーは短くしたほうがいいと思っている社長が多いようです。