インターネット集客でサイト作成するための3つのポイント

最終更新: 2018年6月30日

集客マーケティングするサイト立ち上げで注意したいポイントはコンテンツです。多くの会社の商品は関連し関係しているはずです。


インターネット集客でサイト作成するための3つのポイント

今日のポイント

  • サイト構成でのポイントをつかみコンテンツでお客さんをひきつけましょう!

全然違う分野の商品を扱っていると思っても実は奥でつながっていたりします。それは会社の企業理念にはじまる“お客さんの希望の達成”が根底にあるからです。


なので、集客マーケティングではサイトやチラシなどコンテンツに一体感がなければなりません。


それを表現するキャッチコピーは大事にする必要があります。せっかく興味があり来てもらった見込み客を、更にファンになってもらいより信頼され、お客さんになってもらいましょう。


  • その為には「この人は知ってるな」と感じてもらう必要があり、多くの情報を発信する必要があります。だから、コンテンツの内容はマチマチではいけないのです。そして内容もその他にない情報を出していなくては選ばれません。


  • キャッチコピーも大切で特に形容詞には注意が必要です。なぜ悪いかというと伝えた気になってしまうからです。人や物の状態を表すことばでその後は名詞が続きます。うれしい・かわいい・うつくしいなどではシッカリ伝わりません。かわいい犬でなく「どんなふうに」を入れて、「目がクリっとして耳がたれ鳴き声がかん高い声でチョコチョコ歩くさまが・・・」みたいでしょうか?


  • ウェブ制作する作成業者に丸投げもいけません。彼らは制作する業者でリサーチや相談、提案はできますが、つくって納品しお金をもらうのが仕事です。売れるサイトのつくり方は知りません。ご注意を!



集客マーケティングコンテンツの組み立て

コンテンツをターゲットの市場にマッチさせお客さんに興味をもってもらう必要があります。


そのためによく使われる方法はコンテンツマップです。

このコンテンツマップはWebサイトのコンテンツをどのように組み立てるのかを決める階層の設計図面です。


なぜコンテンツマップを使うのか?

  1. 無駄にダブりが出ない構成で大きな視点で全体を組むことで分かりよい

  2. サイトに持たせるあなたのゴールに効果的に誘導できる

  3. 変更や追加を行う際に効率的である


無駄にダブりが出ない構成で大きな視点で全体を組むことで分かりよい

サイトにはお客さんに行動してもらいたいゴールがなければなりません。そのために大項目・中項目・小項目のような階層構造が効果的でお客さんにとっても分かりよい構造です。


サイトに持たせるあなたのゴールに効果的に誘導できる

コンテンツはいうなれば部品です。その部品の中であなたの知識や能力などをもらすことなく伝えます。ゴールするための流れ(ストーリー)を組みたてることが重要です。説明や内容などを部品とした一体感がなければならず、足りない部分の説明や内容があれば補い全体像を設計します。


変更や追加を行う際に効率的である

コンテンツ自体が多くなれば内容も多くより深くなります。反対にコンテンツが少なければ幅広い内容を一つにまとめるようになります。コンテンツの変更や追加を行う際には同じ内容を複数コンテンツにすることを避けねばなりません。


その点、コンテンツマップがあれば一目して何をどこにコンテンツとして発信したのかわかります。コンテンツをフォローする内容のコンテンツであれば追加の要素が多く、さほど問題ではありません。


しかし変更の要素でコンテンツを入れ込む場合は最終ゴールへの流れやストーリーに狂いがないか?スムーズに進められるか?ちぐはぐなところがないか?など整合性や同調がとれているかを再度確認して集客マーケティングを完成させましょう!


まとめ

集客マーケティングでコンテンツを使うとあなたの知識や技術、商品の強みや何を解決するのか?など詳しく発信できます。


結果、見込み客も自分自身の悩みや痛みがあなたの商品で解決できる確信が持て安心して購入することができます。自分が望んで購入したものに対してはクレームが実は少ないことは実証済みです。