アフィリエイトの基本に習ってブログの効果を手にいれる!

アフィリエイトとは、ホームページなどWebサイトやメールなどに企業のサイトにジャンプするリンクを配します。そして訪問者がリンクをたどって商品購入した場合にリンクをした紹介者に報酬が支払われるシステムです。


マーケティングのブログ集客手法を学ぶ

今日のポイント

  • アフィリエイトはいまや多くの人が知る大きな市場になっています。アフィリエイターのブログを習い、方法を手に入れましょう!

アフィリエイターが反応を上げるためによく使う基本手法があります。

それは、読者が読みたいキーワード、検索しているキーワードを調べてタイトルにして内容を充実させる方法です。


あなたがサイトやブログを既にもっていれば、ふつうは検索であなたのページに誘導されます。

既に検索されているキーワードは多くの人が興味のあるワードです。


間違っても、だれも興味がない「大変いい記事」では、あなたの望む効果にはなりませんので、いけませんね。


では、読者にとっていい記事とはなにか?

この問いに対してあなたはどう考えるでしょうか?


読者はなぜあなたのブログにたどり着くのかを考えるとすぐにわかります。


基本的にあなたも含め多くの人はブログで自分自身の問題を解決したいと考えています。

それは生活そのものの中から出るものです。仕事、趣味、人生、人間関係、お金のこと、などいろいろです。


そして、分けて考えるべきは、問題解決の方法がわかっている場合と、わからない場合が存在することです。


自身の経験や情報で、自身の問題解決の方法や答えがわかっている場合は、単に希望の商品を探します。


ですが、解決方法を知らない場合は基本的に、発生する原因やそのまま放置するとどうなるのか?など現在と過去、未来を知りたいと考えます。


解決方法がわかっている場合でも本当にその答えが正解なのか?はわかりません。


答えを出したその人が、既に問題に対してどれ程の知識があり、正確にそれを理解しているのかはわかりません。ここまで考えればあなたのとるべき行動はわかりますね。


何もわからない小学生(仮にです)に向って話し、理解してもらうイメージをします。


あなたの問題はわかりましたよ。原因はこれで、そのままにするとこうなって、直すにはこうして、とわかりやすく説明する必要があるのです。


そうしないと、解決方法がわからない人達には、あなたのブログは何も響かないので去られてしまいます。


書き方や考え方

お客さんになってもらいたい読者が今どんな状態なのか?がわかればいいのですが、あなたの取り組みたいWebは面談とは違います。


面談であれば相手の顔を見て、話しを聞き、しぐさなどで言葉以外の情報もわかります。相手のニーズを察して答えを出すことができないのです。


それでは、相手のニーズに答えるためにはどうすればいいのでしょうか?

あなたが読者本人になり考えることです。


あなたの商品を購入したい人はどんな人なのか?は大体わかりますね。


その人物が検索しようとした場合に実際にどう考えるか?おもうのか?を考えます。


さらに、内容だけではなく伝え方も考える必要が出てきます。


この文章はわかりいいのか?言い回しはどうか?難しい漢字や内容ではないのか?などです。一文を長くし過ぎるのも問題です。間接詞が多くなりわかり難くなります。


まとめ

アフィリエイトの流行りをブログに利用する方法をお伝えしました。アフィリエイトはPVを集めなければ仕事になりません。その考えを理解することはネット市場を理解することです。

お客さんが満足するサイトをつくることを目標とした場合、やるべきことは「お客さん目線」です。これができればできるほど、あなたのブログは読者を集めます。