アップルの業績に学ぶ、欲しいとベネフィット

みなさんもご存知のiphone。アップルは新iphone機種が発売されると確実に売上を積み増し常に業績は安定しています。アップルはiphoneを売りだすことであ客さんに未来というベネフィットを提供しているのです。


アップルの業績に学ぶ、欲しいとベネフィット

今日のポイント アップルの高業績を維持するiphoneの戦略を学びましょう! ベネフィットの意識がなくて高収入!お望みの人生が手に入ります!これはあり得ません。
このサイトを見ているあなたは自分の商品やサービスをお持ちだと思います。

ベネフィットをその商品を引き合いに説明するとこうなります。「商品を購入したお客さんが、商品から得られる利益や恩恵」でお客さん自身の到達したい目的のポイントです。
よくマーケティングで使用される用語ですね。ベネフィットがなければ組織やお客さん自身の解決したいポイントに近づくことができないのです。よって、お客さんの悩みの解決もないのですからあなたの商品の存在理由はないです。ここで注意がいるのは、“利益や恩恵”の恩恵です。「これを売って大金持ち」などの想いかも知れませんがその他にも様々な恩恵(恵みやいつくしみ)の場合もあるわけです。商品での改善ケースではこの恵みの部分が結構あります。これは伝えないとわからない部分が多いのです。それも詳しくにです。なぜかとベネフィットを単語にすると「○○を○○できれば」くらいに簡単に言えてしまいます。でも本当のところは、色々なことが入り組んで悩みの原因になっています。ここで、あなたの商品説明でお客さんの悩みを見て来たようにピタリと言い当てられれば格段に信頼が得られると思いませんか? 仮に車が欲しい人がいたとします。車を欲しいわけもその人の属性で千差万別の理由が存在します。車の免許を取得したばかりの世代?一人で使用?家族と?通勤で?遊びに?近くの買い物?遠くまで行くのか?男性?女性?など色々です。 「買い物が不便なので車が欲しいな。小型で小回りが利く車で・・・」それはお客さんの話しをシッカリ聞かなければ分かりません。このお客さんに車をすすめる場合で大型車扱い店ならお客さんに納得してもらう話しができ、その部分を潰し込まなければなりません。 お客さんの希望とあなたの商品に食い違いが起こると、成約はむずかしいばかりでなく時間を無駄にしてしまいます。ここで注意すべきは、お客さんの悩みを解決する方法はお客さん自身が出した答えです。しかしその答えが間違っていたり、他の選択肢を知らないだけかも知れません。もしかするとあなたの商品やサービスがあ客さんが選択した答えより「よりよい答え」であるかも知れません。 あなたの商品はどんなベネフィットをかなえどんな悩みを取り去るのかシッカリと表現してください。 ベネフィットとメリット アップルのiphoneは宣伝手法もたけています。各国で販売開始しますが余り時間を空けることなく集中しメディアでもニュースにして話題効果を相乗します。今ではそれが当たり業績も安定しています。 ベネフィットは問題や悩みなど障害を解決や回避して達成することです。ベネフィットに似た言葉でメリットがあります。腰痛がひどくてベッドから起きることもできず生活がままならない場合を例とすると、腰に湿布を貼っていたら、やがて痛みがとれて生活できるようになったとします。この場合のベネフィットは「生活できるようになった」の部分で「望んで手に入ったこと」体験です。それに対しメリットは利益です。先ほどの例では「湿布で痛みがとれた」になるでしょう。本来のベネフィットを考えれば「生活できる」の部分はそれだけでなく実は生活できるようになって、掃除ができて気分がよくなる、読書で自分の想像力をアップする、ネットで情報を集め仕事に活かす、友だちとスポーツする、旅行に行きたい、などもっと先に本当のやりたいことがあるはずです。それこそがベネフィットです。 まとめ 商品やサービスから得られるお客様にとっての価値をイメージできるように伝えることが重要です。