とってほしい行動とは?それを明確にする方法

「なんかこの商品いいな」と思っても注文の説明や操作がわかりにくかったり、面倒くさかったりで「いいや、やめ!」となった経験ありませんか?


とってほしい行動とは?それを明確にする方法

今日のポイント

  • お客さんに行動してもらいたいなら分かりやすくすること

こと、パソコンなど機材が苦手だと起こりやすいですね。

商品が独創的で限定など、手に入り難いがどうしても欲しいものなら、我慢しても必死で手に入れようとしますが、(これ結構、重要ですね)


他にも類似した商品がありそうと思えば、他のサイトに逃げられてしまうわけです。


そんなことがないように、「順番に」または、最後に「こうしてください」を明記して行動を促すわけです。


そうすれば、すぐに注文するモードに安心して入れます。

例えば、「お申込みは今すぐ!」「入力はメールアドレスのみで」「限定100名のみ!無料プレゼントの電話はこれ!」


こんな感じで、クロージングする次のアクションを明確に示してください。

ウェブサイトでは、目立つ“ボタン”や“バナー”が必要です。


その為にまずは見込み客に“見つけてもらう”ことが大切です。


人間は大体、お金、健康、人間関係の事で大なり小なり悩みがあります。

サイトに立ち寄る人の多くは自分の悩みを解決したいと思っています。


既に問題を意識している顕在化した人と、そのことを意識できていない、無知・無関心の潜在化状態の人がいます。


あなたのサイトやブログで情報を知識とした人は、たとえ潜在化状態であっても、よりあなたの発信した情報を吸収して学習し、現実的に問題認識しお客さんに変化してゆく可能性が多いにあります。


お客さんへの気付きの大切さは、あなたも含めてよりよい人生への一歩となる訳です。

潜在化したお客さんには?

お客さん自身が顕在化しているのであれば、自分の現状が分かりそれを解決する策も見えていることになります。

たとえば、「部屋がよごれている」現状に対して改善策として「掃除をしなきゃ」のように現状とその問題に対しての改善や対処法がわかっている状況です。


しかし、潜在化しているのは、現状の事がシッカリ認識できてしる場合と、そうではなく「なにがそうさせているのか」わからない状態のケースもあります。


更には、仮に認識ができている状態であり原因がつかめても、改善策がわからない状態も含まれます。


いずれにしても、現状の問題が引き起こす「悩み」が発生している状態には変わりありません。


潜在化の状態への喚起

同じ悩みが発生していても顕在化しているのであれば、正しい対処であるかにかかわらず解決策が見いだせているのです。


その状態のお客さんであれば改善策となる商品を提供できれば購入する確率は非常に高いです。


ですが、同じ悩みを持つが潜在化の状態であるお客さんに対して、同一の商品を提示できても購入してくれるとは限らないのです。


これは、同じ商品と悩みを持つ場合でもあなたが発信する情報は違わせる必要があるのです。


潜在化の状態には、「あなたの悩みを解決するには、この商品が必要です」と情報発信しなければならないことを認識してください。


まとめ

同じ悩みを持ち商品を提供することで解決できても、お客さんが顕在化なのか潜在化の状態なのかで、情報の発信する際の内容を、かえなければならないことを意識してください。