できるだけお金をかけない集客法!インバウンドマーケティング

更新日:2018年4月6日

インバウンドマーケティングを知っていますか?あなたの存在(会社や店)とその商品を欲しいと思ってくれそうなお客さんに見つけてもらう手法です。


お金掛けないマーケティング

お金をあまり掛けずにスタートできるSNSと相性がよく、多くの人が使用するスマホなどから利用する事が簡単で拡散性があるからです。


今日のポイント

  • マーケティング手法を学びメリットとデメリットを知り使い分けましょう!


FacebookやYouTube、ブログなどが代表でしょうか?その中でもブログは効果的で集客でき内容もシッカリ表現できて見込み客を集め続けてくれるから!です。


ここでインバウンドマーケティングの注意が1つ。SNSの世界は使う人も利用する人も多く内容は多岐にわたり大変広く複雑な世界です。

そこで見つけてもらう為にはポイントごとにまとめたアンカーづくりが必要です。決める時は、どんな人にお客さんになってほしいのか、そしてそのお客さんが、喜ぶこと、幸せになれることを。もしくは抱えている問題や課題を解決できるもの。


基本形は 〇〇のための△△ です。


アウトバウンドマーケティングとはなじみ深いマーケティングだと思います。TVやラジオコマーシャル、新聞や雑誌への広告出稿、折込チラシやポスティング、ダイレクトメール、電話などのことです。インターネットならバナー広告などですね。こちらから直接お客さんにアプローチ(プッシュ型)するマーケティング手法でみなさん既に御承知でしょう。


インバウンドマーケティングは外から中への意、絞ったアンカーをつくりましょう。

アウトバウンドは広告やチラシです。実は地域性があったりしますので結果的には絞った事になりますが、よりターゲットにしたい人に的確に発信する事は難しいですね。

どちらかでテーマ設定をしてください。


インバウンド

inbound 入ってくる、内向きの意味。コールセンターなどお客さんからアクションしてもらい受け付ける方法。内容は質問やクレームなど販売以外のも利用される。


アウトバウンド

outbound 出てゆく、外向きの意味 会社側がお客さんへアクションする形態。電話や訪問などで商談し受注する営業など。