このサイトを見るかは3秒で決まり。選ばれる方法

あなたはネットサーフィンしますか?サイトを見てリンクやらキーワードで、また次のサイトへそして次へ……と直感的にも含め閲覧を繰り返す行為です。

人はインターネットサイトやチラシの見る見ないを、見にして3秒くらいで決めていくそうです。


このサイトを見るかは3秒で決まり。選ばれる方法

今日のポイント

  • サイトを見やすくすることで効果がかわります。あなたはお客さんにどんな行動をしてほしいでしょうか?

もし、インターネット集客を考えていたとしたらあなたは この3秒 が運命の時間となります。


ここで「おっ」と思わせればいいわけです。


チラシなどの紙媒体や、コンビニやスーパーの棚の陳列、自動販売機などでは、常識の「Zの法則」をご存知でしょうか?


Webの場合はZではなく「Fの法則」も重要だと言われています。実はこれ、人間がものを見る時の目の動きなんです。左上から右に目線が移動するのは同じですが、その後最初に見た左上の場所から少し下に移動し、また右に移動する、という「F」の動きを繰り返すそうです。


ただ、Webは全てFというわけではなく、はじめてアクセスしたWebサイトは全体を見渡すために「Z」の動きをすることが多く、全体の構成を把握した後は、お目当ての情報を探すために「F」の動きをすることが多いそうです。


ここでわかるのは、一番上の記述は皆が気になり読むということです。 ヘッドライン という部分で見出しですね。


あなたのウェブサイトは、ヘッドラインでペルソナを惹き付けているでしょうか?

決して大企業にありがちな、IR用の“お金を生まない”ウェブサイトにしないでください。内容がすごく良くても見られません。


知らずに、ボロボロとチャンスを逃がしています。もったいない話しですよね。


コンバージョンとは?

コンバージョン(CV)を聞いたことがあるとおもいます。コンバージョンを調べると以下が出てきます。変換、転換、変化、改造、改装、改変など


あなたが気にするべきは、企業ウェブサイトなどで求められる最終的な成果。具体的には、閲覧者による商品購入・会員登録・資料請求など、収益に結びつく行動を指す(コンバージョンレート)です。


Webサイトでは多くのケースでお問い合わせをお願いするサイトをよく見かけます。Webサイトやブログなどの初期行動は情報の発信です。ビジネスでの情報発信ならお客さんに興味を持ってもらう為に、商品やサービス、会社やお店のことを発信しているはずです。


ですがこの段階ではあなたの一歩的な発信です。ここで、興味を一層もってくれた人に対して行動を促し相手を認識できるように変換するタイミングをつくります。さらに、信頼を獲得する行動を行い商品を買ってもらい、ようやくお客さんとなるわけです。


コンバージョン率(CVR=ConVersion Rate)とは?

コンバージョン率(CVR)は、コンバージョン率=コンバージョン数/アクセス数です。


コンバージョン数には、ユーザー単位とアクション単位の2通りがあり、アクセス数も2通りあります。

ユーザー単位では、訪問者(ユニークユーザー)数であり、アクション単位でみるのが訪問(セッション)数です。

計算する場合は、コンバージョン率にはユーザー単位とアクション単位の、それぞれで計算します。


ユーザー単位のコンバージョン率は、

ユニークコンバージョン数 ÷ 訪問者(ユニークユーザー)数


アクション単位のコンバージョン率は、

総コンバージョン数 ÷ 訪問(セッション)数


ユニークコンバージョンとは、サイトに来てくれ行動してくれた人の数です。


あなたのサイトで、あのページ、あのページ、あのページ、と散々飛び回り結局なにも行動しなかった場合はゼロ件です。サイト内で3つの商品を購入した場合では1件です。


クリックスルーコンバージョンとは、アドワーズ広告をクリックした人があなたのサイトで行動した数です。


ビュースルーコンバージョンとは、アドワーズ広告をクリックしなかった人が別のサイトから入り行動した数です。


まとめ

CVは広告効率などをみる場合にも使います。月間のアクセス数とコンバージョン数、その比率を管理すると見えるようになります。