うまい集客マーケティング フロントエンド商品 FE

最終更新: 2018年4月13日

みなさんは商品を購入するときに何を判断基準にしてますか?



価格が安いものと高いものではどうでしょう?対面販売とインターネットでは?むかしからの知り合いと知らない人から買う場合ではどうでしょう?


たとえば、1000万円商品を買う場合でインターネットで安いから購入とするでしょうか?1000万円がその人にとって高額であればあるほど考えますよね。


この商品の性能や機能は自分の問題を解決してくれるか?毎日つかうものであれば耐久性や操作は簡単か?掃除や収納性はいいのか?などからはじまり、価格や手数料、工事費、送料、税金などかかる費用はどうか?アフターサービスや保障はあるか?取引あいては信頼できるか?など、いろいろ悩みます。

そこで登場して欲しいのが経験と実績があり教えてくれる先生です。これをマーケティングに入れ込んでしまいましょう。

そうすれば、あなたの見込み客の不安がなくなりお客さんになることのブレーキがなくなります。


見込み客やその前の人にあなたの商品を気付かせる方法は何度となく話した ブログ です。


その中で共感してもらい信頼を得てもらうために ブログコンテンツ と フロントエンド 商品を用意します。このフロントエンドはマーケティングでFEと表現します。

FEに対してバックエンド(BE)もあります。


簡単に言うと「利益より集客を目的に価値あるものを手に入れやすく提供する」ことでポイントは、見込み客がわから行動してもらうこと、見込み客やそれになりそうな人たちのリストをとる、ことです。

ですので、「えっ、こんなにいいものを」「やすい」とならないといけません。


よく見かけるのは 一本目は80%オフ でとか 1週間サンプルを無料プレゼント とかですね。「つかってみたら調子いいので買おうかな」など、見込み客に その気になって もらい信頼してくださいを伝えるのです。


代理店に広告宣伝した経費だと考えてフンパツしましょう。


BE(バックエンド)の内容はこちら